FANDOM


FANTASTIC TUNE
通常版 | 限定版

FANTASTIC TUNE Regular edition.png

アーティスト 小野賢章
リリース日 2014年2月26日
出演順
前作
WALK
次作
なし
ソングリスト

FANTASTIC TUNEとは小野賢章のシングル。この曲はアニメ『黒子のバスケ』シリーズの4番目のエンディングと第2期の2番めのエンディングで流れている。

トラックリスト 編集

  1. FANTASTIC TUNE

アルバムの通常版と限定版は両方とも小野賢章のフォトカード1枚が同梱されている。限定版には「FANTASTIC TUNE」のミュージックビデオが同梱されている。

ビデオ 編集

full01:31

Kuroko no basket 黒子のバスケ - Ending 2「FANTASTIC TUNE」

full

full01:29

小野賢章「FANTASTIC TUNE」2 26 On Sale

full


歌詞 編集

霞んだ未来を切り裂くように照らす光り
無数の可能性を求め
Gotta open my eyes


Wake up 錆びついた目に火を灯せ
Get up 燻ってる場合じゃないんだ 絶対

用意された理想なんていらない 揺らぐことのない人
未完成の地図でいいから 明日を掴めこの手で

デタラメなリズムで 乗り越えてく過去に
後悔一つさありえないだろう


ありのままのビートで
振り返して現在を重ねた 未来輝くように


刻み込んだ存在を血書として
KEEP HEARING MY STORY

The overshadowed future is cut up like the illuminating light
Wish for an infinite number of possibilities
Gotta open my eyes


Wake up, light up these rusty eyes on fire
Get up, it’s not a situation where you smoulder everything, not ever

These prepared ideals aren’t needed for a person who doesn’t tremble
An uncompleted map is fine, take hold of tomorrow with these hands


Overtake the past with a nonsensical rhythm
There is no way to have even one regret


With the beat as it is
Relapse the overlapping present time, shining just like the future


My existence is etched into writing in blood
Keep hearing my story

ナビゲーション 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki